作業所Net お申込み




作業所Netとは

「作業所Net」とは

〜すべての工事関係者との協業を行う作業所業務ポータル〜
大成建設では、「そのポータルサイトに行けば建設現場の業務ができる」という生産現場の総合的な情報環境基盤として、「作業所Net」の運用を開始しました。 「作業所Net」は、大成建設と大成建設の取引会社殿に対して、MCデータプラスがASPにてサービスを提供しています。

「作業所Net」で出来ること!はこちら
「作業所Net」を利用するメリットはこちら
「作業所Net」のサポート体制はこちら

大成建設 「作業所Net」資料
初版 2003年8月1日
改定 2004年5月1日
大成建設株式会社
作業所Netの運用を始めました
2003年6月から作業所の情報化を推進しています

作業所Netとは
 建設工事の関係者が作業所毎にインターネット上で協力して仕事が出来る(コラボレーション)仕組です

1. 導入の背景

 建設投資額の減少とそれに伴う競争激化や品質保証の厳格化が進んでいる中、大成建設株式会社は、全社的な業務の見直しと業務改善を進めています。
 また、建設業界ではCALS/EC等に代表されるIT化が浸透し始め、インターネットを使った電子調達と共に、電子納品に対応した施工管理のコラボレーションが本格化し始めています。
 このような背景から、このたび建設工事に従事する関係者(施主・設計者・監理者・ゼネコン・専門工事業者)がインターネットを利用し「そのポータルに行けば建設現場の業務ができる」という生産現場の総合的な情報環境基盤(ポータル:玄関)の運用を開始しました。

2. 目的と手段

(1)

情報環境基盤整備として作業所業務ポータル構築
 個々の作業所毎に関係者がコラボレーションを計りながら業務ができるような場を提供するために、新たに作業所業務に適した統一的な情報化基盤の仕組み(ポータル・認証方法・専用メニュー・フォルダー)を構築し、作業所の関係者(施主・設計事務所・専門工事業者・JV他社社員等)が情報を共有する仕組みを利用することにより少人数でスピーディーに仕事の処理ができる環境を作りました。

(2)

利便性を実現するために作業所標準メニューを構築
 安全管理・品質管理・工程管理等の作業所業務を処理するために、大成標準の作業所業務メニューを構築しました。建築と土木、それぞれメニュー構成は違いますが全社的に統一された環境で仕事ができる仕組みを作り、更に作業所単位でアクセスコントロールできるようにし、重複作業の削減・問合せ確認の削減・移動時間の削減等により、効率的に業務を処理する仕組みにしました。

3. 機能

作業所を中心とした建設工事に従事する関係者(施主・設計者・監理者・ゼネコン・専門工事業者)の業務ポータル機能。

(1)

ASPを利用 (ASP・・・アプリケーションサービスプロバイダの略)
         『インターネットを利用して業務利用できる機能を提供する事業者』の意味
・立場の違う関係者が利用しやすいようにASP上に作業所毎のポータルを開設。
・安定した運用環境の提供。
・インターネット上の様々な脅威からASPを利用して回避。

(2)

仕事に直結した業務メニュー
作業所開設時から全国共通の仕様で工事関係者が役割に応じて利用できる環境を提供。
・利用者毎の業務メニュー。
・利用者毎のトップ画面。

(3)

作業所情報共有の為のプラットホーム
・シングルサインオンの実現によるシームレスな業務システム連携。
・作業所毎に利用者のアクセスをコントロール。
・利用者毎に使える機能をコントロール。
・データ毎に利用者の権限をコントロール。
・文書管理(文書・図面・写真)機能を利用した承認処理の実現。
・プッシュ機能による新着情報表示。

(4)

情報開示
・作業所業務に関する全社的な情報開示。
・作業所毎の掲示板・スケジュールによる情報開示。
・作業所毎の工程情報の開示と作業手配。

(5)

作業所業務選択メニューと統一フォルダ
・全社統一の作業所業務体系の整備とメニュー化。
・全社統一のフォルダ構成。

(6)

プロジェクト管理対応の串刺し機能
・統一のフォルダ構成を利用した串刺し管理。

(7)

セキュリティーの確保と安定した運用環境の提供
・立場(会社)と役割(社内権限)によるアクセスコントロール。

4. 展開計画

 作業所展開は2003年度、建築を中心に建築土木合わせて600ヶ所以上、2004年度は建築土木の全作業所に展開する予定です。
 大成建設は建築主体の調達購買の仕組みである「たいせいG-net」を再構築し、新たに土木建築共通のSUPER-TRIO(スーパートリオ)」(見積、契約、出来高・小口・リースの統合請求)を開発し、2003年6月から運用を開始しました。
 「作業所Net」は「SUPER-TRIO(スーパートリオ)」のポータル(入口)としての機能も持っているため、2003年6月、「たいせいG-net」に加盟している専門工事業者 約2,700社を初期ユーザーとして登録しました。2004年5月現在、約3,200社8,500人が登録を完了しています。
2005年1月からは、グリーンファイルシステムが本格稼働する予定です。

「作業所Net」全体イメージ

クリックして拡大表示

専門工事業者用画面

クリックして拡大表示

・作業所へ出向かなくても出来る仕事が増えます。
・工程進捗や図面データなど欲しい情報は、何時でも何処からでも取れます。また情報の発信もできます。
・作業所の関係者が、常に最新で正確な情報を共有することができます。
・情報ルートを一本化し、電話やFAXを減らすことができます。
・実務に即した業務標準メニューを利用することにより、作業の効率化につながります。
・担当する作業所はもちろん、他の作業所の情報も一覧できます。

工事担当者

−各作業所の情報(住所、TEL、所長名、案内図、作業工程や予定を含む)を閲覧することができます。
−見積/契約/出来高請求を行うことができます。
−慶事や御不幸に関する通知を閲覧することができます。
−現在進行中の作業所に関する情報一覧を検索することで、効果的な営業活動を行うことができます。

設計担当者

−設計図、施工図を所定のフォルダーに格納し、関係者間で簡単に情報共有できます。
−図面の承認依頼を作業所Net上で行うことも可能です。
−過去の各種図面情報をすぐに検索することができ、データの再利用など効率的に作業をすることができます。

安全担当者
大成建設の災防協の連絡が入ります。また、過去の案内を検索することも可能です。
日々の作業員の就労状況を正確に把握できるようになり、労務管理作業が軽減されます。

「作業所Net」では、初心者の方でも安心してご利用いただくために、充実したサポート体制をご用意しております。

ヘルプデスク
「作業所Net」の操作に関してなんでもお電話でご質問、ご相談いただけるヘルプデスク(フリーコール 0120-98-1414)を設置しております。操作方法や分からないことなどご説明させていただきます。
利用マニュアル
「作業所Net」の使い方が詳しく書かれた利用マニュアルをご用意しております。利用される立場別の構成となっており、図やイメージをふんだんに使ったともて判り易いマニュアルとご好評頂いております。

UP



Copyright (C) 2004-2017 MC Data Plus, Inc. All Rights Reserved.